2013.03.05(火) 『 たいせつなきみたちへ ~卒園礼拝へようこそ~ 』

さあ、これから卒園礼拝が始まりますよ と佳子先生
さあ、これから卒園礼拝が始まりますよ と佳子先生

 

ひかり幼稚園は、51年前に、稚内教会から生まれた幼稚園です。当時は“ひかり幼児園”と呼ばれていました。ひかり幼稚園は教会と同じ敷地内にありますが、その頃はまだ、緑4丁目ではなく、港5丁目に教会も幼児園もありました。

*簡単な歴史は、ホームページの『教会の歴史』をお訪ね頂けるとご覧になれます。

 

来週、3月15日(金)にいよいよ“卒園式”が行われます。この日は、この時期恒例の、教会の礼拝堂にやってきての「卒園礼拝」の日でした。

 

ふだんは教室やホールで礼拝を守っている子どもたち。クラスの先生に誘導されて席に着いたところです。全部で51名の園児が卒園予定と聞いていますが、しっかりとした顔付きで、元気に教会に来てくれました。教会の玄関に入ってきた時の子どもたちの写真はホームページ内の「写真館」にあります。

 

礼拝堂の椅子は大人用ですので、子どもたちはまだ足が床に着かなくて、少し落ち着かない様子でしたが、わたしが(牧師のもりです)が連れて来た、“リスくん”(パペットです)との久しぶりのご対面に目を輝かせ、身を乗り出してお話を聴いてくれました。

 

「ここにはねぇ、毎週日曜日、“かとう かつゆき チャン”も来るんだよ」とお話すると、それが、後ろに座っている“園長先生”のフルネームということが、直ぐには分からない様子でした。

 

放蕩息子の譬え話に少し触れながら「みんなは、いつも、いい子でいられたかなぁ?」の問いかけに対して「ちがうっー!」という正直な男の子の声も聞こえて来ました。小さなやり取りを楽しく繰り返しながら、礼拝は進んで行きました。

 

「神さまはねぇ、みんながここに来ることを待っているんだよ。今は目に見えないけれど、ぼくしせんせいのお話が本当だったって分かる日が来るよ」というメッセージを伝えました。

 

礼拝堂から出て行くときは、わたしとハイタッチや握手をして、元気に園に帰って行った子どもたち。かならず、教会でまた会おうね (@^^)/~~~ end

新着ニュース

●最新情報は「教会ブログ」「写真館」がお勧め ^^♪ 「ブログ」の見出しはこの欄の一番下を参照。

 

☆日曜の礼拝

 教会がはじめての方、お引っ越しの方、旅の途中の方、一度だけという方、歓迎!

 

●【 速報 1】あかし U舘眞知子姉 『 ― 稚内へ ― 2泊3日の祝された旅 』(2/8 up)

  

 

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター