2013.04.18(木) 『 “ なきがら ” ってなあに? 』

藤城清治さんの美しい絵本 3本の十字架が見えます
藤城清治さんの美しい絵本 3本の十字架が見えます

 

きょうは、ひかり幼稚園の「イースター礼拝」の様子をカメラをもって見学してきました。

 

新年度が始まったばかりで、特に、年中さん、年少さんは長い時間の礼拝にまだ慣れていない時期ですが、さすが先生方は工夫を凝らしてイースター物語を、語り部になりきって伝えておられました。

 

写真はわたしも久しぶりに見た“藤城清治さん”のうつくしい絵本の中で、釘付けにされたイエスさまを確認しに行っている子どもたちです。

 

写真のお部屋は年中さん。カメラを構えていたわたしに、それを指さして教えてくれようとしていました。写真館には年長さんたちの様子をupしておきます。

 

子どもたちの素直な言葉は聞いていて飽きませんでしたねぇ。年長さんのお部屋でのことも合わせて、以下、おすそ分け。

 

「 “なきがら” ってなあに」
 ごもっともなお話です。そんな言葉はおうちでも聞いたことがないですものねぇ。せめて近いのは「だしがら」かな。

 

「 “へいたい” ってなあに?」
 これまたなるほどでございます。君たちが将来兵隊さんに駆り出されたりしないようにするのが、わたしたちの努めかも知れない、近頃の世界情勢です。

 

「 いえすさま いきてたの?」
 そう、いきてたんだよねぇ。いやいや、よみがえった、これまた難しいかな。ふっかつ。うーん、これまた意味不明かな。

 

「あのね いえすさま たちあがったんだよ」
 ピンポーン。そうそう。それだよね。死んでいたのに立ち上がったんだ。それがさ、ふっかつだよね。

 

「なぜ、うらぎられたの」
 うーん、いよいよ、むつかしくなってきたなぁ。それはさ、ユダっていう・・・・。

 

 いつか、じっくりお話しししましょ。(^_^)ノ"""" (゜゜)(。。)ペコッ

 

○追伸:
 年中さんのお部屋。新任のO先生が担任ですが、写真は、応援に来られていた主任のK先生です。礼拝のおわりに心温まるシーンがありました。

 新任のO先生が礼拝の後奏を終えると子どもたちから拍手が起こったのですね。
 子ども心に、Oせんせいが、一生懸命にがんばって練習しているって分かったのかも知れません。end

新着ニュース

●最新情報は「教会ブログ」「写真館」がお勧め ^^♪ 「ブログ」の見出しはこの欄の一番下を参照。

 

☆日曜の礼拝

 教会がはじめての方、お引っ越しの方、旅の途中の方、一度だけという方、歓迎!

 

●【 速報 1】あかし U舘眞知子姉 『 ― 稚内へ ― 2泊3日の祝された旅 』(2/8 up)

  

 

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター