2013.05.12(日) 『 “利尻だし昆布バザー" 始まり はじまりー 』

こちらが“稚内教会バザー 利尻だし昆布”です うっとり(^^♪
こちらが“稚内教会バザー 利尻だし昆布”です うっとり(^^♪


 お写真、しかとご覧くださいませ。この日、特選の利尻昆布はもちろんのこと、いろいろな資材(ジッパー付きの袋・密封機材・ラベル類など)が手元にそろって、いよいよ“稚内教会バザー”の企画として発売されることになった“利尻だし昆布”のパッケージです。

 

 いえいえ、パッケージというより(あまりにパッケージが美しいのでそちらに話が飛びました)、まさに“特選 利尻だし昆布100グラム入り、500円”でございます。世には、養殖ものの昆布もたくさん流通しているそうですが、こちら正真正銘の天然・稚内産・利尻昆布です。

 

 数ヶ月前から本格的に教会の中で相談が始まっていたのですが、教会のみんなで、よし、始めて見ようということで話がシャキーンとまとまり、準備がようやく整った次第です。

 

 わたくし(牧師のもりです)役員会の最後にお話したのですが、「神さまからの追風が吹いている。神さまが応援して下さっている」と感じております。良質の利尻昆布の入手(素晴らしい漁師さんから提供を受けています)や、多くの方々との出会いが与えられつつあることも、まことに神さまのお導きと思わざるをえません。

 

 「最北端にあるこの町で、日本一活気のある教会になろうぜぃ!」

 

 そんなたいそれたことを叫んだことは一度もないのですが、元気モードのスイッチがいつしか入り、ジワリジワリと、笑顔と元気が教会の中に生まれ始めています。

 

 「すごいぞ、利尻昆布」かも知れません。いや、本当に。お料理の縁の下の力もちが、教会を元気づける力持ちとして活躍してくれそうな気配です。

 

 さすが文句なしに全国ブランドの利尻昆布。教会に居られる、利尻島出身のご婦人たちも、とっても張りきって居られます。

 

 これから教会の内外や周囲におられる多くの皆さんに、お力添えとご助言、そして楽しい交流を頂きながら、教会としては前代未聞?の単品バザーを発進し、継続して行きたいと願っています。

 

 そして、わたしたち稚内教会のメンバーのみならず、この利尻だし昆布を使ってお料理をされる方々。そして、だしの効いたお料理を口にされる皆さんも、みんなでいっしょに元気になって行きたいのです(*^。^*)

 

 信じるものは救われる、じゃなくて、利尻昆布に触れる者 大いに恵まれるのであります。

 

 利尻昆布にどのような歴史があるかまでは、まだまだ新参者のゆえ、調べたり勉強していませんが、きっと深い歴史があることと思います。

 

 この利尻昆布からのだしを使った“おつゆ”や“お料理”。掛け値なしに旨い!と申し上げることが出来ます。太鼓判を押させて頂きます(*^ー^)エヘンo(^-^)o

 

 稚内教会の本日のお昼に出てきたキツネうどん。これまた、ほんとうによいお味でしたよーー!そこらのうどん屋さんやおそば屋さんよりも絶対に美味しいと断言いたします。使われていたのが利尻だし昆布なのです。これ抜きに、あのうま味は考えられません。

 

 是非ぜひ、皆さまにご賞味頂きたいと思います。

 

 販売体制は5月末位までには整うと思います。インターネット上でも購入出来るようになる予定ですので、少しお待ち下さいね。

 

 美しいラベルをご覧ください。UPの写真ではありませんので見えにくいところもありますが、手にとってご覧になっている教会のご婦人もうっとりです。士別教会牧師の難波真実(なんば まさちか)先生に相談、作成して頂き、こちらの要望を丁寧に受け止めて頂いて、ここに完成に至ったのです。

 

 というわけで、長文失礼いたしました。利尻だし昆布バザーにつきましては、このブログで丁寧にフォローしてまいります。楽しみにお待ち下さいませ。end

 

追伸:だし昆布の使い方について、稚内教会のご婦人達からのレポートをまとめ、商品に添付プレゼントを予定しています。ですので、昆布のだしは初めて、という皆さまも安心してご購入頂けると思います。ハイ。それから、難波センセイ、ほんと、ありがとうね。また、カニ食べに来てけれーーぇっ(^^♪)

 

新着ニュース

●最新情報は「教会ブログ」「写真館」がお勧め ^^♪ 「ブログ」の見出しはこの欄の一番下を参照。

 

☆日曜の礼拝

 教会がはじめての方、お引っ越しの方、旅の途中の方、一度だけという方、歓迎!

 

●【 速報 1】あかし U舘眞知子姉 『 ― 稚内へ ― 2泊3日の祝された旅 』(2/8 up)

  

 

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター