2013.07.13(土) 『 “花の日”前日のメグミ 』

「花の日礼拝」前日の午後、お二人のご婦人が楽しそうに花籠の準備をされていました。
「花の日礼拝」前日の午後、お二人のご婦人が楽しそうに花籠の準備をされていました。


日本キリスト教団が定める「花の日」は6月の第2週目です。でも、稚内の6月はまだお花のシーズンではないのです。去年の今頃は、確か、アジサイもあったような気もします。向日葵はどうだったかなぁ、思い出せません。

 

とにかく、神様がくださっている天からの恵みの一つが、美しい野の花ですから、稚内教会の皆さん、いろんな工夫をしながらこの日合わせて、努力してくださっていた様子です。

 

と言うわけで、さかのぼっての歴史は調べていませんが、最近の稚内、7月に“花の日礼拝”を行っております。

 

この写真は、花の日前日の土曜日、今年の花の日の責任をもってくださっているお二人が、楽しげに語らいながら、明日に備えての花籠作りをしているところです。

 

この他、お宅で活けた籠を沢山持って来てくださった方、そして、お宅からこの日に合わせってお花を抱えて来られた方たちも居られます。

 

わたくし(牧師のもりですが)様子を垣間見ていましたが、ほんと、穏やかな空気の中で、楽しげに活けているお二人の様子を見ていると、なんだかわたしも幸せな気分になった次第です。

 

花の日当日の礼拝堂の様子は、ホームページTOP(1週限定)と写真館にお納めしていますので、ぜひ、お立ち寄りください。礼拝堂の外に咲いているお花の写真もありますよ(^^♪)

 

お外は、シーゲルミヤーターさんが奥様と力を合わせて整えてくださっています。こちらも晴天が続くこの頃、気になることも多いそうで、土曜日の夕方には水やりに、工夫をされた機材をもってお出でになっていました。

 

花の日礼拝の後には、幾人かが手分けをして花籠をもって、お世話になっている漁師さん、ご病気で療養中の方、さらに、お仕事の都合もあって特にこの時期忙しい酪農家のお宅などを手分けしてお訪ねできました。喜んでいただけたかなぁ、と想像いたします。これもまた、HPの写真館に写真ありです。

 

そうそう、土曜日の午後、お二人と一緒に、A利姉が焼いて来てくださった、生クリーム入りの美味しい手焼きのパイを紅茶と一緒に頂く時間がこの後あったことも思い出しました。こちらも絶品でしたよ。

 

笑顔が広がる花の日のご報告の巻でございました(@^^)/~~~end

 

 

 

新着ニュース

●最新情報は「教会ブログ」「写真館」がお勧め ^^♪ 「ブログ」の見出しはこの欄の一番下を参照。

 

☆日曜の礼拝

 教会がはじめての方、お引っ越しの方、旅の途中の方、一度だけという方、歓迎!

 

●【 速報 1】あかし U舘眞知子姉 『 ― 稚内へ ― 2泊3日の祝された旅 』(2/8 up)

  

 

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター