2013.07.28(日) 『 1歳のお誕生日 ~ さて、誰のでしょう?~ 』

 1歳のお誕生日を迎えました ~誰のでしょうね(^^♪
1歳のお誕生日を迎えました ~誰のでしょうね(^^♪

 

7月28日の日曜日。稚内教会の玄関脇の礼拝案内版です。よーくご覧くださいね。

 

森牧師はこの日は所用のため札幌に1週間ほど滞在中。

 

そのため、役員さんのひとり、加藤勝幸兄が奨励を担当されました。稚内教会から52年前に生まれたひかり幼稚園の園長さんでもある“勝幸さん”(と皆さんに呼ばれます)。幼児教育を通じての思いを語ろうと、この『えがおあふれる子らの楽園』という奨励の題を考えてくださった様子です。

 

礼拝には幼稚園の先生方の姿も沢山みえました。森牧師不在でも、穏やかな日曜日を過ごすことが出来てほんとうに感謝でした。

 

ところで、ブログのタイトル、『1歳のお誕生日』って、誰のことだか分かります?

 

エッヘン。

実は、二つのことに結びつけさせて頂いている次第です。

 

まず一つ目の誕生日。実は、稚内教会のホームページの「ブログ」が1歳の誕生日を迎えたのです。

 

ブログが始まったのは約1年前のことでした。最近は森牧師がブログの書き手として頑張っていますが、当時は、違いました。

 

2012年7月のブログ。今、読み直してみると、本当にちびっ子な写真と小さなコメントに過ぎませんが、ういういしい感じがします。

 

ホームページをお訪ねくださる皆さん(殆どは見えませんが、カンター数のみならず、色々な形で感じます)の応援、そして、ブログ担当の生真面目な頑張りもあったからでしょうか?、気が付いてみると、1歳の誕生日を迎えることが出来たというワケです。

 

この日の日曜日も、神戸の改革派の教会のご家族連れ5名が、姫路ナンバーの自家用車で稚内までおいでになり、礼拝に出席されました。お話を伺っていて、ホームページを見て下さっているのだなぁ、ということが伝わって来ました。良かったなぁと思います。

 

                ****************

 

二つ目の誕生日。さり気なーく、この写真で紹介させて頂いているのです。「えっ、なぁに?」と思われるかも知れないですね。

 

はい、もったいぶってゴメンナサイ。

実は、この「礼拝案内版」のことなのです。去年の7月27日に『新しい看板ができました!』というタイトルでブログがアップされています。

 

その日の写真には、献品してくださった教会員のご主人さまの“とみおさん”。そして会員で奥様のN姉、そして、腕を振るってくださったご夫妻の甥っ子にあたる大工さんが写っていました。

 

ブログの文面にはこうありましたよ。

「相談して創意工夫されて、世界にひとつしかない看板・・・・稚内の強い風にも倒れない、雪にも負けない、貼り付けのしやすい看板です」と。

 

去年の12月から2月にかけての稚内の冬は、何十年ぶりのというような大雪に見舞われました。吹雪も猛烈で、全国ニュースで稚内が取り上げられた日が幾日かありました。

 

でも、厳しい冬を見事に乗り越えた「礼拝案内版君」。びくともしませんでしたよ。立派にその務めを果たしてくれました。そして、めでたく1歳のお誕生日を迎えた次第です。

 

きっと、適切なメンテナンスをしていけば、このぶんでしたら、何十年先でも、元気に稚内教会の礼拝案内を告げてくれることでしょう。

 

お子さんの送り迎えや、何かのご用で、ひかり幼稚園・きらきら保育園に来られる保護者のみなさんの中に、この看板に書かれている説教題を、チラッと見ていてくださる方が居られるような気もしています。きっといつか、案内版に惹かれて来会されるお父さん・お母さんが現れるのではないか。

 

そんなことも静かに期待しつつ、そのの感謝も合わせて記させて頂きました。

 

 

 

新着ニュース

●最新情報は「教会ブログ」「写真館」がお勧め ^^♪ 「ブログ」の見出しはこの欄の一番下を参照。

 

☆日曜の礼拝

 教会がはじめての方、お引っ越しの方、旅の途中の方、一度だけという方、歓迎!

 

●【 速報 1】あかし U舘眞知子姉 『 ― 稚内へ ― 2泊3日の祝された旅 』(2/8 up)

  

 

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター