2013.9.29(日)『 〈ビーフカレー〉の日もございますよ! 』

稚内教会自慢のお昼ご飯。本日はカレーライス。しかも、大きなbeefがごろりんと、転がっていました。お味はもちろん、最高です
稚内教会自慢のお昼ご飯。本日はカレーライス。しかも、大きなbeefがごろりんと、転がっていました。お味はもちろん、最高です。

 


食べることばかりで恐縮です。お写真、ご覧くださいましたか?

 

日本ひろし、と言えども、こんなに美味しそうなカレーライス。各地の教会のみならず、食べることって、できないのではないかと思うのですが、いかがでしょう。

 

勝負いたしますか? うひゃ、投稿、お待ちしています(笑)

 

石狩鍋やちゃんちゃん焼き、ホッケ、うに、かにばかりを食べているわけではございません。

 

国民的人気第一番のカレーライス。わが稚内教会、やるときには、このように、写真を見てしまったら最後、「かあさん、うちも今夜はカレーにしよう」と思わせるようなうつくしい《 beef curry 》の登場です。

 

****************

 

9月は何かと行事の多かったような気がする稚内教会。

 

この日は行事、と言うほどのことはないかも知れませんが、月に一度の恒例、週報や牧師室便りを発送する際に、ひと言メッセージを有志が記す作業がひとつ。

 

それから、もう一つは、利尻昆布バザーの袋詰め作業が待っておりました。そのための腹ごしらえをしっかりしようということで、悦子さんと賢子(ますこ)さんを中心に、この《 beef curry 》を準備してくれた次第です。

 

ブログを書込んでおりますこのわたくし(牧師のもりですが)。

 

なぜか、自宅でのカレーというと、キーマカレー、あるいは、ドライカレーというのがここ数年のパターンのため、このような立派なビーフカレーを食べることがございませんでした。

 

というわけで、気持ちは、このカレーを見た途端に、気分がHigh(ハイ)になりました。はい。

 

ご覧頂くとお分かりのように、これ、相当に綿密な心配りがなされた色使いがなされていて、食欲がもりもりと湧き出てくるようになっておりますなぁ。

 

ミニピーマンの緑、北海道のジャガイモと人参のゴロゴロ感、とどめは、どーんと食べがいのあるビーフの塊。玉ねぎだって、いい感じでしょ。

 

すごいぞ、稚内教会!

 

新来会の方たちには、ウェルカムサービスで提供されていますから、どうぞ、いつかご一緒にお食事しましょうね。

 

****************

 

カレーライスでお腹いっぱいになったあとは、各地の皆さまにお支え頂き、ゆるやかに全国各地の教会およびその関係の皆さまのお口に入り始めているはずの「利尻だし昆布」の袋詰め作業が行われました。

 

不肖牧師のもりは、名寄での年頭修養会実行委員会出席のためお手伝いできませんでしたが、みんなで力を合わせて、誤作動が起こり始める前までに、約270個が準備できたということです。

※【語句説明】ここでの「誤作動」とは、袋詰めの時のうっかりミスのことです。そして、翌日に響く過労状態になるのを防ぐように気をつけています。ウルトラマンは3分。稚内教会は90分が限度です。作業参加者の平気年齢は○5歳位かなぁ。5を入れるか、4なのか、それとも7かしら。

 

各地の教会でのバザーで販売して下さる予定でお待ち下さっている皆さまのあたたかい応援によって、最北のちいさな教会は大いに元気付けられております。

 

****************

 

今年の7月~9月の利尻昆布漁は、漁が少なく、稚内漁協の第2回入札価格は史上最高の値が付いてしまいまして、正直、驚きました。

 

地元新聞には、こんな文字が見出しに出ました。
*『稚内プレス』には、「昆布騰勢衰えず」
*『日刊宗谷』には、「品薄、天井知らず」
てな具合であります。

 

しかーし。根あかな稚内教会。これまでと変わらず、ひと袋500円なりの利尻昆布バザーの品を、こころを込めてお届けする次第です。

 

この日は元気の出る、日本のキリスト教界に誇るビーフカレーで、湿った空気を吹き飛ばす元気をつけながら、イエスさまのお声に従って歩み続ける、秋の良き日でございました(^^♪end

 

 

新着ニュース

●最新情報は「教会ブログ」「写真館」がお勧め ^^♪ 「ブログ」の見出しはこの欄の一番下を参照。

 

☆日曜の礼拝

 教会がはじめての方、お引っ越しの方、旅の途中の方、一度だけという方、歓迎!

 

●【 速報 1】あかし U舘眞知子姉 『 ― 稚内へ ― 2泊3日の祝された旅 』(2/8 up)

  

 

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター