2013.9.30(月)『 士別教会訪問 ある方に会って来ました! 』

士別教会の礼拝堂の一番奥に椅子を置いて写真を炉撮りました。会いたかったこの方にご挨拶できました。さて、誰でしょうね。
士別教会の礼拝堂の一番奥に椅子を置いて記念写真をパチリ。会いたかったこの方にご挨拶できました。さて、誰でしょうね。士別教会の礼拝堂は、とても爽やかで、明るかったです。

 

わたくし、どうしても、お目に掛かってご挨拶を、と願っていたご婦人を士別教会に訪ねることができました(いつもながら、牧師のもりでございます)。

 

以下、ご報告いたします。

 

****************

 

9月29日(日)は、夕方から道北地区による、北海教区の年頭修養会実行委員会が道北クリスチャンセンター(名寄)で行われました。

 

会議終了後、遅い時間に車を3-4時間運転するのはしんどいため、センターに宿泊。今年の北海道、エゾ鹿のみならず、熊が各地で出没とニュースで流れていますので、衝突も恐いです。

 

翌朝の月曜日、士別教会で毎朝行われていると思っていた早天祈祷会を目指して出掛けることにいたしました。9時開始のはずです。

 

急な訪問はご迷惑をお掛けすることになりかねないと思い、直前に、お目に掛かりたいと願っていたご婦人に電話を入れました。

 

「もしもし、稚内教会の森 言一郎(もり げんいちろう)でーす。かくかくシカジカ、名寄に居ます。で、これから士別の早天祈祷会におじゃましたいんですが・・・・」

 

「あーら、もり先生。早天祈祷会は、火曜日~金曜日で、きょう月曜日はおやすみなんです」とおっしゃるではありませんか。

 

不肖、わたくし牧師のもり。

 

それごときで、引き下がるわけには行きません。悔いが残ります。うっかり、雪でも降り始めれば、士別に来るのは相当ハードル高くなりますもの。

 

「どうしても会いに行きたいんです!」ということをお伝えし、「今から向かいますので8時40分に教会で待っていて下さいね、と強引にお願いした次第です。

 

****************

 

さてさて、わたしがお目に掛かりたかったお方とは、パールのセーターを着ておられる白髪のご婦人です。

 

わたしたち稚内教会の会員・淳子さんの娘さんのH江さんが、御主人のお仕事の都合で、誰一人知人のいない神戸に8ヶ月ほど前に引っ越しをされたのです。その際、ふと思いたって、神戸出身の牧師に相談したところ、この方を紹介された、というわけです。

 

引越後、神戸の教会に一緒に出掛けて下さったりと、何かとお世話下さったのがこちらの女性です。それ以来、わたしは時々、電話で話をするようになりました。

 

****************

 

ところが、人生、全く思いかげないことが起こるものです。今年の8月、ご婦人はご主人様とお二人で、な、なんと士別に引っ越してこられたのです。

 

決してお若いというわけではございませんのに、意を決して、慣れない北の国へとご夫婦で飛んで来られたのでありますから、たいへんなご決断だったと想像いたします。

 

この日、お茶を頂きながらお話を聴いていると、飛行機に乗って北海道に向かうとき、「いろいろな意味で、こわいなぁ、と思いました」とお話し下さいました。お話に依れば、神戸を離れて暮らすのは生まれて初めてとのこと。

 

それは、不安にもなります。大変なことです。

 

そこまでして、なぜ、士別を目指されたのか? 一体、何が士別にあるのか、これいかに、と思うわけですが・・・。

 

果たしてどなたなのか。写真のお顔を見ただけでわかる方は、本当にすごいです。 

 

****************

  

実はこちらのお母さま。

 

わたしの敬愛する同労の仲間、士別教会の難波真実牧師のお母さま、秀子(ひでこ)さんなのです。そして、かわいいちびっ子たちは、難波牧師の二番目と三番目のお嬢ちゃんたちです。一番うえのお姉ちゃんは小学校に通っています。

 

カメラのシャッターを押してくれたのは、難波牧師のお連れ合い、千春さんでした。

 

秀子さんのこと。難波真実牧師のたくましいお体からお母さんのお姿を想像しておりましたので、その違いに驚きました(笑)。何十年ぶりかに風邪を引かれたと言っておられましたので、お引越の疲れが出たのかも知れないですね。

 

とにかく、しばらくの語らいとお祈りの時を持てたこと、本当にたのしく、ありがたいことでした。「子育て失敗ですーっ」と笑顔でお母さま、すばらしいじゃないですか。

 

恥ずかしがり屋の秀子さんの御主人さまは、この日、お引っ越し関連のご用でお宅に居られてお留守番ということになったようです。

 

****************

 

新たなる道を歩み出された秀子さん、そして、ご主人様の信智さん。息子さんのご近所に引っ越して来られたとは言え、厳冬の時期がこれから参ります。お二人の上に、主にある守りと平安をこころよりお祈りいたしました。

 

道北地区の交わりの中で、共に喜び、共に涙し、分かち合いを深める信仰の旅路を、じっくりと深めて行くことが出来たら嬉しいですね。ぜひぜひ、稚内に遊びにいらして下さいね(@^^)/~~~ end

 

 

新着ニュース

●最新情報は「教会ブログ」「写真館」がお勧め ^^♪ 「ブログ」の見出しはこの欄の一番下を参照。

 

☆日曜の礼拝

 教会がはじめての方、お引っ越しの方、旅の途中の方、一度だけという方、歓迎!

 

●【 速報 1】あかし U舘眞知子姉 『 ― 稚内へ ― 2泊3日の祝された旅 』(2/8 up)

  

 

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター