2013.11.17(日)『 大きくなったら何になる? 子ども祝福礼拝にて 』

2013年11月17日(日)の子ども祝福礼拝 メッセージのあと、一人ひとりの名前を呼んでから祝福しました。ニコニコの少年です。
2013年11月17日(日)の子ども祝福礼拝 メッセージのあと、一人ひとりの名前を呼んでから祝福しました。ニコニコの少年です。

 


写真は「子ども祝福礼拝」を行った昨日稚内教会礼拝堂の様子です。

 

わたくし(牧師のもりですが)、月曜日に、お子さんと一緒に出席されたお母さんと教会の前ですれ違いました。“差し違え”ではゴザンセン。

 

未就園児クラスに末っ子の〈ぶんちゃん〉〈まおちゃん〉を連れてきていたお母さんなのですが、ごく自然に互いにこう言ったのです。

 

「きのうは楽しかったですねぇ」と。

 

****************

 

こういう日曜日を経ての月曜日は何とも言えない良い気分ですね。本当に。

 

当日、いつも幼稚園と共々お世話になっている地元写真館・デムデムさんのプロカメラマン大橋さんが、素敵な写真を撮って下さっているはずなので、それが届いたら、了解を得てから、このページの下の方にUPしたいと思います。

 

なお、礼拝の様子は、ホームページの礼拝録画のところでご覧になれますので、お時間のある方はお立ち寄り下さい。楽しい場面が幾つもあると思います。

 

子どもメッセージは、ヨハネによる福音書6章のイエスさまのお言葉【わたしはいのちのパンである】をきっかけにお話しました。

 

****************

 

こども28名とご家族とそのごきょうだい、さらに、当然、保護者も沢山来てくれました(幼稚園と保育園があるので園児とそのきょうだい、そして、会員のご子息)。

 

礼拝式がおわってから、「大きくなったら何になりたい?」という、恒例のインタビューを写真撮影と共にしたのです。

 

名札を見てからお名前を確認、そして、マイクを差し向けますと、2歳位の子は名前を呼ぶと、手を挙げて「はーい」と返事をしてくれます。

 

その後、

「大きくなったら何になるの?」

 

という質問に次のような言葉が聞こえて来ました。

 

アイドル、パン(屋さん?)、恐竜、焼き鳥屋さん、たこ焼き屋さん、宇宙飛行士、プリキュア、キュアエース、お嫁さん、整備士、漫画家、妖精、ケーキ屋さん、漁師、漁師、消防士、お料理つくる人、きょーりゅーじゃー、ドラちゃん(ドラえもん)、プリキュア、幼稚園の先生。

 

 

「パン」という答えは、子どもメッセージを聞いたからでしょうか。それとも、もともと、いつも出掛けるパン屋さんが大好きだからなのか。

 

漁師が二度続いてますが、市内の漁師さんのお子さんが二人居りまして、二人ともお父さんが憧れの人のようです。素晴らしい!

 

妖精になりたい、なんて可愛らしいですよね。焼き鳥屋さんもいい感じ。じわーーっと、日常の暮らしの様子が伝わってきますね。

 

****************

 

子どもたちと保護者を送り出し、ほっと一息ついて、集会室でいつものメンバーでお茶を飲んでいましたら、ごく自然に、礼拝や説教についての話題に互いが心傾け合う時間となりました。

 

わたしのこの日の説教は、教会におそらく一度もお出でになったことのない、ひかり幼稚園・きらきら保育園の保護者を念頭において語ったものでした。そう、わかりやすいお話を心掛けました(日頃も努力していますが・・・・)。

 

初めての方にとってわかりやすい説教は、信仰歴何十年の方たちにも、聞きやすく、興味深い内容だったのかなと思います。

 

ルカによる福音書15章11節以下の、いわゆる放蕩息子を巡ってのメッセージは、礼拝後の話題として語り出しやすい材料だったのかも知れません。お兄さん息子の肩を持ちたくなる・・・という複数の意見がございました、はい。

 

この時間も楽しかったですよ!

 

子どもとおとなを合計すると70人を超える出席者が与えられたことだけが嬉しいのではありません。いろんな意味で、ゆたかな日曜日となりました。感謝です。end

 

※下の写真はクリックしてご覧ください。カメラマンの大橋さんの撮影です。

 

 

新着ニュース

●最新情報は「教会ブログ」「写真館」がお勧め ^^♪ 「ブログ」の見出しはこの欄の一番下を参照。

 

☆日曜の礼拝

 教会がはじめての方、お引っ越しの方、旅の途中の方、一度だけという方、歓迎!

 

●【 速報 1】あかし U舘眞知子姉 『 ― 稚内へ ― 2泊3日の祝された旅 』(2/8 up)

  

 

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター