2013.12.22(日)『 クリスマスに感謝 ありがとう聖歌隊 』

2013年クリスマス礼拝のために編成された、ひかり幼稚園の保護者の皆さんによる《聖歌隊》の賛美の様子です!
2013年クリスマス礼拝のために編成された、ひかり幼稚園の保護者の皆さんによる《聖歌隊》の賛美の様子です!

 


2013年のクリスマスをお祝いする日曜日。とても賑やかに、たのしく、そして豊かに過ごすことができました。

 

そのようなご報告をしつつ、同時に、ご病気や寄り添い、そのほかのご事情で集うことができなかった皆さんのこと、心に思いつつ、以下、ご報告であります。担当は毎度の牧師の森でございます。

 

なお、当日の礼拝の様子に限られますが、ホームページの「礼拝録画」のページから様子を見たり、聞いたりができます。限られた角度からですの情報量は限られていますが、それでもうーん、これは便利。どうぞ、お時間のある方はお立ち寄り下さいませ。

 

この日の礼拝堂。いつもの稚内教会とはだいぶ様子が違います。

 

が、これも稚内教会の、偽りのない現在であります。ひかり幼稚園・きらきら保育園の子どもたちとその保護者、さらには、先生方もたーくさんお出でになりまして、合計74人、こども28名、おとな46名が集ったようです。確かに補助椅子をさがしておりました。

 

****************

 

まずは、ご報告の第一弾。幾つ続くか自信なしですが。できたら、他のこともご報告したいと思っております。ふう。

 

ひかり幼稚園の聖歌隊のお母さまたちに大きな拍手であります。わたくしも、今年も懲りずにテナーパートをさせて頂きましたが、楽しかったです。

 

さんびか集より、「ひつじはねむれり」と「まきびとひつじを」を捧げました。何回かの練習をして、当日の朝早くに集まっての仕上げ。限られた条件の中では、申し分のない賛美だったと思います。

 

関連でうれしいな、と思ったこと。

 

ひとつは、去年の聖歌隊のメンバーのお母さま。今は東京に御主人のお勤めの関係で転勤されたのですが、「インターネットで配信されているのならば、見るからね、楽しみっ」と言って下さったていたことです。ご覧になれたかな?

 

二つ目は、愛餐会の時にお聴きした話ですが、聖歌隊に参加していた、麻美お母さん。日々子育てに追われる中で、先輩お母さんとお知り合いになれてお友だちになれたことをとても喜んで下さいました。

 

「やって良かったです」と笑顔で話して下さり、更には、愛餐会に持ち寄りの品が届けられているのに関連して「地域の集まりでは、オードブルをとっても、皆さん、あまり食べないけれど、手作りのものがあるといいですね」とお話下さいました。

 

最後に、奏楽を担当された康恵さん。市内のある学校で音楽の先生をされていますが、聖歌隊で歌ってくれたお母さまは、教え子さんのお母さんで、しかも、教え子さんがこの日は、チビちゃんのお世話を兼ねて来会。あるいは、康恵さんの同僚の奥さまが、聖歌隊の一員だったのです。

 

人口3万7千人の稚内だからこその、この出会いが生まれるかな。そんな感じです。

 

****************

 

聖歌隊の皆さん、本当に楽しかったですよ。

 

《加奈さん、志乃さん、麻美さん、幸代さん、亜貴子さん、真梨子さん、幸恵さん》。

 

うーん、皆さん、なかなか古風なお名前。昭和生まれかな???? 余計なことでした。どうもスミマセン。

 

****************

 

あ、最後に。聖歌隊のお母さまたちのお稽古の時には、ベビーシッターを教会員の《春香さん》が手を挙げてして下さいました。ありがとう!縁の下の力持ちがあってこその聖歌隊でした。

 

あ、もう一つ。聖歌隊の指導をして下さった《真梨子さん》にも感謝。

 

真梨子さんは、ひかり幼稚園保護者の、正確に言いますと現在はOG。たぶん、来年か再来年、再び保護者にcomebackではないか、と思います。園長先生=勝幸さんからのラブコールを受けて下さってありがとうございました。おかげさまで無事、終了です(^_^)ノ

 

 

新着ニュース

●最新情報は「教会ブログ」「写真館」がお勧め ^^♪ 「ブログ」の見出しはこの欄の一番下を参照。

 

☆日曜の礼拝

 教会がはじめての方、お引っ越しの方、旅の途中の方、一度だけという方、歓迎!

 

●【 速報 1】あかし U舘眞知子姉 『 ― 稚内へ ― 2泊3日の祝された旅 』(2/8 up)

  

 

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター