2014.1.9(木) 『 道北物語・稚内教会篇(by なんば まさちか ) 』

北海教区 第62回 年頭修養会のパネル展示です(於;ロワジールホテル旭川)

 

『 道北物語 』

 

ネーミングと言い、編集の仕方といい、なんて素敵なセンスだろうか、と感心いたします。

 

これ、士別教会の難波真実(なんば まさちか)牧師が作成されたもの。

 

わたし(牧師のもりでございます)のアイディアというか、そういうものは、ひとかけらもありません。少々フライング気味の紹介ですが、おゆるしをいただきましょう。

 

****************

 

来週、旭川ロワジールホテルを会場にして開催される、北海教区の第62回目となる『年頭修養会』の際にパネル展示されるという『道北物語』の一枚。

 

わたしから、幾枚かの写真提供などしたところ、難波先生が、〈サッ、さっ、Sa〉と編集・作文。わずか1-2時間のことではないでしょうか。

 

道北地区の準備委員会の仲間たちに「こんな形で行きますよ」とメール配信され、展示されることになったものです。多分、このまま展示される模様。

 

『 道北物語 』には、このほか、《美馬牛福音教会シリーズ》、《和寒教会シリーズ》があります。そちらは大作です。

 

とても素敵な内容で、じわーんと感動するような内容ですので、後日、難波先生に相談して、このホームページでも紹介させて頂こうと思います。それぞれ5枚組だったと思いますが、まさに「物語」になっています。

 

これで、道内各地から集まる予定の年頭修養会参加者430名余りが、また、互いに励まし合い、交わりを深め、祈りに導かれて行くことと思います。ちなみに、メイン講師は、金香百合(きむかゆり)さんという方です。

 

お楽しみに!

 

****************

 

ただ、難題が発生中。

 

気象庁の予報に依れば、10年に一度位の大雪を伴う、氷点下40℃の猛烈な寒波が週末から来週いっぱい北海道の日本海側と旭川を含むはずの内陸に襲いかかるというのです。北海道は広いので、太平洋側の釧路方面は、先ほどの天気予報でも〈晴れ〉なのですねぇ。

 

ずーっと、天気のことを心配していましたが、やはり逃れられませんでした。

 

わたしたち稚内教会からは、3名が参加予定。うーん、日曜日から出発して、前泊して、各地の教会の仲間たちをお迎えする準備をするのですが、移動できる天候か、列車は動くか。少々心配であります。

 

****************

 

あ、年頭修養会の会場である、ロワジールホテル旭川に、1月13日(月)午後~14日(火)迄は、展示されているはず。ですから、お近くの方で、他教会の方で、万が一でも、ご覧になれる方はぜひお出掛けください。

 

なお、このように、パネル展示を通してほめて頂けたこと、素直に喜びたいとおもいます。これからも、一所懸命にたのしみながらに精進いたします。はい。

 

ちなみに、稚内教会の礼拝のライブ・録画配信については、難波真実先生の助言と励ましによって開始の動機が与えられた、と申し上げても過言ではないですし、多くのことを教えていただいてきました。

 

****************

 

関連でもうひと言。

 

最近発行された、キリスト教界注目の一冊。

 

『もっと教会を行きやすくする本 「新来者」から日本のキリスト教界へ 』(絵と文 八木谷涼子 キリスト新聞社刊 1500円)という本があります。

 

その中で、難波真実先生がインタビューを受け、紹介されています。お買い求めか、何らかの形で、ぜひご覧くださいませ。

 

八木谷さんは、これまでも、とても面白い視点でキリスト教界を刺激し、本当に意味あるご本を何冊か出されている方です。

 

永遠の求道者?なのか、上のご本を書き終えられた時点では、クリスチャンではないはずです。それだからこその眼差しで、教会やキリスト教を、一歩引いたところからご覧になり、的確な指摘をなさって来た方ですよ。end

 

 

新着ニュース

●最新情報は「教会ブログ」「写真館」がお勧め ^^♪ 「ブログ」の見出しはこの欄の一番下を参照。

 

☆日曜の礼拝

 教会がはじめての方、お引っ越しの方、旅の途中の方、一度だけという方、歓迎!

 

●【 速報 1】あかし U舘眞知子姉 『 ― 稚内へ ― 2泊3日の祝された旅 』(2/8 up)

  

 

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター