2014.2.3(月) 『 稚内の冬! Русский Терем・ルースキー・テーレム〈サハリン館〉の歌と踊り 』※下の方にミニ写真館

2014年の稚内サハリン館ダンス担当のイリーナさん。ご主人が男性ダンサーとして来稚しています。笑顔が素敵な踊り子さんであります(^^♪
2014年の稚内サハリン館ダンス担当のイリーナさん。笑顔が素敵な踊り子さんです。後ろの方が振り付けしであるご主人さま(^^♪

写真は、日本最北の町・稚内の冬を彩る、隣国ロシア・サハリン州サハリンからお出でになっている、~ロシア・アンサンブル~の舞台公演のひとこまです。

 

毎年、2月の一ヶ月は、ロシア民謡とロシアの民族舞踏の公演を、な、な、なんと、無料で、夕方5時と6時からの2講演を、好きな時に、気軽に観ることが出来ます。

 

場所は、副港市場という施設の中の、特設ステージです。温泉もあるところですから、それとセットでお楽しみ、というのもありかもしれません。

 

****************

 

ロシア・サハリン(旧・樺太)への玄関口に位置する稚内は、サハリンの南端の岬までの直線距離は43㎞。空気の澄んだ秋の晴れ渡った空の日には宗谷岬付近から、サハリンの島影を見ることが出来ます。

 

夏の間は、ハートランドフェリーさんによる定期航路が設けられていて、双方の往き来ができるのです。

 

ま、稚内市当局も、何としてもその航路を継続させる、努力をしているという面もあります。

 

****************

 

稚内はいつも自然にロシアというかサハリンのことを意識する生活ができる町です。稚内市の中心地の交通標識やお店の看板はロシア語で書かれているものも目に入ってきます。

 

それから、地元の新聞やFM局(FMワッピーさん)の放送でも、サハリンとの交流関連の情報がよく流れます。

 

ショッピングセンターにもお買い物をする、ロシア系の方たちの姿が見えます。それから、ロシアの、とっても強そうな、カーッとくるようなロシア特産の蒸留酒・ウオッカも店頭に幾種類か置かれているのが稚内のスタンダードかも知れないです。

 

****************

 

公演にいらしているのは、「ルースキー・テーレム」というグループの方たちです。ロシアアンサンブルと銘打っての、歌と踊りの公演です。

 

わたしは、何度も通いたくなるほど好きなのですが、まだ、ご覧になっていない方が居られたら、それはもう、少なくとも一度は、ぜったいにお勧めいたします。

 

気分は一瞬にしてサハリン・ロシアに入り込めます。軽妙なミロノフおじさんの司会のもと、午後5時と6時から、それぞれ45分程の公演が、全く別の内容のプログラムで聴くこと、見ることが出来ます。

 

たぶん、曲と曲の間のお話(MC)をゆっくりと進めるならば、一時間以上の内容のものだと思います。

 

本当にお値打ちというか、無料ですからねぇ。信じられない大盤振る舞いのような気もします。

 

****************

 

華麗なステージがおわると、スタッフの皆さんのご配慮の中、舞台に上がられたメンバー方たちと、我々が持参のデジカメや携帯、スマートフォンによる撮影も喜んでしてくれます。プロフェッショナルなのです、彼らは。

 

ちいさなお子さんが大好きなようなので、お子さん連れも、メンバーの皆さんを大いに喜ばせることになると思います。

 

合わせて、サハリンの写真展も開催されていますので、そちらも、チラッとでもご覧下さい。ロシア正教の教会の司祭と子どもたちの写真などもありました。

 

****************

 

今年は、メインで踊りをされる、ダンサーの女性が新しい方に変わっていました。去年はカリーナさんでしたが、今年は、イリーナさんです。

 

ペアを組んでいる男性の奥さまということで、息もさらにぴったり。

何より、イリーナさんの優しい笑顔での踊りには心癒されます!

 

****************

 

観光の町としての稚内の冬を元気づけようということで、何年も前から続いているこの公演。

 

昨晩、わたし(牧師のもりでございます)が、2回目の公演を見たときには、お客さまの入りは半分程度でした。だいぶ寂しい。

 

もしも、どうしようかなぁ、と思っている方、そんなに楽しいと知らなかったと言う方も、ぜったいにお出掛けになってみて下さい。

 

ロシアの生の歌と踊りを、本当に目の前で堪能できます。そしてロシア民謡には日本に暮らすわたしたちの心の奥深くに届く不思議な力があるようです。歌手の方たちも見事な歌声です。

 

ロシアの民謡独特の歌声なのでしょうけれども、なんだか、日本の演歌や民謡よりも心に染みてくるものがあるのはなぜ?と思ってしまいます。

 

女性の方たちは、演じる皆さんの服装にもぜひ注目して下さい。きれいです。ほんとに。

 

****************

 

唯一の心配は、吹雪かなぁ。夕方暗くなってからお出掛けは、十分に気をつけて下さいね。

 

きょうは、稚内の町の魅力をご紹介いたしました。

 

あっ、定期の休園日は、火曜日です。end

 

新着ニュース

●最新情報は「教会ブログ」「写真館」がお勧め ^^♪ 「ブログ」の見出しはこの欄の一番下を参照。

 

☆日曜の礼拝

 教会がはじめての方、お引っ越しの方、旅の途中の方、一度だけという方、歓迎!

 

●【 速報 1】あかし U舘眞知子姉 『 ― 稚内へ ― 2泊3日の祝された旅 』(2/8 up)

  

 

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター