2014.4.1(火) 『 たくさん遊ぼうね 2014年 きらきら保育園の入園式 』

4月1日は「きらきら保育園」の入園式の日でした。エイプリルフールですが、ほんとですよ(^^♪ 保護者の皆さんとお子さんたちの席を撮影してみました。
4月1日は「きらきら保育園」の入園式の日でした。エイプリルフールですが、ほんとですよ(^^♪ 保護者の皆さんとお子さんたちの席を撮影してみました。先生の顔も見えます。

 


きょうは稚内ひかり幼稚園の中に設置されている、きらきら保育園の入園式でした。市内のみならず、日本の各地の保育園でも入園式だったのですねぇ。夜、感慨もひとしおのご家庭も多いかも知れないです。

 

わたくし、朝から入園式をとても楽しみに参加してきました。0歳児さん3名、1歳児6名、2歳児2名、合計11名が新入園とのこと。在園児さんが17名で合計28名での6年目のスタートだそうです。あっ、ご報告は牧師のもりでございます。

 

****************

 

とーっても活発なお子さんが“ゴロンごろん”していたり、先生のおひざの上で満足そうにしているお子さん等々、観察していて少しも飽きません。

 

一年、あるいは二年前から入園していた先輩たちも、傍らから見守っておりました。これまた可愛らしいです。

 

子どもたちにとっては、あたらしい社会生活が始まる第一日目。お子さんたち以上に不安を抱えているのは、保護者の方たちかも知れませんねぇ。

 

****************

 

子どもたちの姿を見ていたら、久しぶりにある本を開きたくなりました。

 

児童精神科医で子育て関連の著書を多く書かれて居る、キリスト教に深い理解がある佐々木正美さんという方の本に『いい人間関係ができる子に育てたい』(企画室刊)があります。

 

福音館の『子どもへのまなざし』で広く知られる先生ですね。続編もあります。

 

ずばり、佐々木先生が《人間関係を築けるひと》という視点で本を出されていること自体が既にとっても興味深いのですが、きょう、きらきら保育園に入園した子どもたちも、ここから人間関係を築き始める歩みが始まったのだなぁと思うと、なにやら、微笑ましい気持ちになって来ます。

 

すこし、子どもなりの苦労もあるかも知れないけれど、とにかく、いろんな遊びに目覚めていってほしいものです。

 

○○ちゃんと遊んで楽しくなり、先生を交えてルールを知り、新しいお友達を呼んできて夢中になって、という感じで、新しい世界を築き始めるのでしょう。

 

****************

 

わたしが、パペットのリスくんと一緒に語りかける聖書のお話を聞いてくれるようになるのは、3歳でひかり幼稚園に進級する年少さんになってからですが、先生方の教えて下さる「さんびか」をおうちに帰っても口ずさみ始めるのは、時間の問題でしょう。

 

一緒に礼拝できる日を楽しみに待ってるからね。

 

入園おめでとう! きみらしく、あなたらしく、大きく育ってね。 

 

※下に、他の写真も数枚アップしておきます。Clickすると大きくなって説明も読めます(^^♪

 

 

 

新着ニュース

●最新情報は「教会ブログ」「写真館」がお勧め ^^♪ 「ブログ」の見出しはこの欄の一番下を参照。

 

☆日曜の礼拝

 教会がはじめての方、お引っ越しの方、旅の途中の方、一度だけという方、歓迎!

 

●【 速報 1】あかし U舘眞知子姉 『 ― 稚内へ ― 2泊3日の祝された旅 』(2/8 up)

  

 

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター