2014.4.20(日) 『 2014年 復活祭の〈 五・七・五 〉 』

ぼくもお母さんも「五七五」に参加です。神戸からご主人の転勤でふるさとに帰ってきた陽江さんとお子さんたち(^^♪
ぼくもお母さんも「五七五」に参加です。神戸からご主人の転勤でふるさとに帰ってきた陽江さんとお子さんたち(^^♪

イースター・復活祭の日曜日。稚内教会でも嬉しいことが幾つかありました。

順不同で、以下をまずご紹介。

 

**********

 

一つは、ご病気のため、入院治療を受けたり、通院の続いていたお二人の方が礼拝にお出でになったこと。久子さんと真利子さんです。とにかくよかった。「復活」に想いを寄せて出席されたのかも知れません。

 

事前に何も聴いていませんでしたので、皆さん、それぞれに嬉しそうに言葉を交わしていました。礼拝前のざわつきが何とも言えない喜びの空気を礼拝堂に伝えていました。

 

****************

 

二つ目は、一年前に神戸にご主人の転勤でお引っ越しされていた、求道者(こちらの願望か(笑))陽江さんが、二人の可愛らしいお子さん達を連れて、稚内に戻ってきてくれたことです。

 

ご主人様、稚内市内のおっきな、わたしも結婚式をお手伝いさせて頂いている宿泊施設のホテルマンとしてカムバック。

 

こどもさんのうち、おにいちゃんの「かんた君」。口にする言葉全てがおもしろい。「ちち」「はは」と呼ぶように教えているという陽江さん。

 

まずは、ふるさとに戻って来られてよかった。そして、神戸で貴重な経験をされたことと思います。

 

****************

 

三つ目は、枝幸町・歌登からの酪農家のご夫妻と求道中のご婦人がおいで下さったことです。酪農家の三人にとって、稚内教会への片道3時間を毎週、なんてことはとても無理。キビシイ風雪あり、一日たりとも休めない牧草ロール作りの季節もありますから。

 

毎朝、5時過ぎ~10時過ぎ迄が朝のお仕事。それから休憩ですから、一体この日は何時にお仕事始められたのか。3時半前後だった可能性大であります。

 

礼拝のライブ配信や録画、あるいは、説教Blogにて、教会がだいぶ身近になっているとは言え、毎年恒例のイースター礼拝を教会で、の時間に姿が見えてほっとしました。

 

午後1時過ぎ、「先生、じゃぁこれで」との言葉と共に、歌登に向けて発信でした。午後4時過ぎからはいつもの通り、きっと、牛舎でお仕事されていたはずです。お疲れさまでした。

 

ご一緒出来て、みんな嬉しかったです。

 

****************

 

さて、表題の、五七五は、昨年のペンテコステの時にこういうタイトルのBlogがあったことに繋がりがあります。

 

2013.05.19(日) 『 “俳句大会”と ペンテコステの“おご馳走” special! 』

 

そのときに、興部教会の伊藤大道牧師が教えてくれた、五・七・五遊びがありました。

 

3枚の短冊もどき(ただの紙切れです)が参加者みんなに配られまして、おのおの、好き勝手な歌を記します。そして上(かみ)、中(なか)、下(しも)のそれぞれの句を封筒に回収。

 

ぐるぐるとかき混ぜて、読み上げるという段取りです。

 

****************

 

この日は、本当に素敵なお兄さんの〈導剣さん〉が読み上げ係を担当してくれました。導剣さん、中学校でバスケットの指導他、毎週、超多忙。久しぶりのお目見えでした。

 

〈五・七・五〉の方ですが、一際おおきな拍手が聞こえて来たのは、以下の写真にて、ご覧頂ける組み合わせの二句だったかな、と思います。

 

写真をUPしますので、どうぞ、Clickしてみて下さい。

 

イエスさまのご復活を祝う日曜日は笑顔がひろがる、楽しい午後となりました。心から感謝!end

 

新着ニュース

●最新情報は「教会ブログ」「写真館」がお勧め ^^♪ 「ブログ」の見出しはこの欄の一番下を参照。

 

☆日曜の礼拝

 教会がはじめての方、お引っ越しの方、旅の途中の方、一度だけという方、歓迎!

 

●【 速報 1】あかし U舘眞知子姉 『 ― 稚内へ ― 2泊3日の祝された旅 』(2/8 up)

  

 

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター