2014.5.5(月) 『 漁師の妻になりました\^^/ 』

1988年・昭和63年生まれの「かおりさん」。4歳位の時でしょうか。披露宴のプログラムにあった写真です。
1988年・昭和63年生まれの「かおりさん」。4歳位の時でしょうか。披露宴のプログラムにあった写真です。

子どもの日の朝、過日、結婚披露祝賀会に出席させて頂いた“かおりさん”のお宅に電話を入れました。

 

稚内の市内からそうは遠くない、漁師さんのお宅に嫁がれた、稚内教会と二人三脚のあゆみを続けている、ひかり幼稚園で3月末迄お仕事されていたかおり先生のお宅です。

 

かおりさん、きらきら保育園の創設時には保育園でのお仕事に就かれ、2年目からの4年間、ひかり幼稚園でのその素晴らしい賜物を活かして下さいました。

 

****************

 

「先日はとても素敵なお式をありがとう。かくかくシカジカで、教会ホームページに・・・・よろしいですか?」

 

「だいじょうぶでーす。わたしも楽しかったです」のお声。

 

「きょうはご主人漁に出たの?」

 

「いいえ、今日はお休みでした」

 

「今の時期の漁はなーに?」

 

「蟹なんです」

 

「ご主人は、何時頃、漁にでかけていくの」

 

「3時位です」

 

「何か食べて出て行くの?」

 

「お弁当をもたせてあげるんです(^^♪」

 

****************

 

ひかり幼稚園の園長先生が、2014年度の園の運営を思い巡らして居た昨年秋頃のことでしょうか。

 

「来年も、よろしくお願いしますね」
と話しかけたそうです。すると・・・・・・。

 

「園長先生、わたし《寿》なんです」
のお答え。

 

いよいよこれから、ますます頑張ってと期待していた園長先生。もっともっと、一緒に働いてほしいのは、やまやまだったそうです。そのことは教会、そして披露宴の祝辞の中でもお話しになっていました。

 

しかーし、「寿」のおめでたいひと言を前にしては、何も言えなかったとのこと。

 

****************

 

地元稚内の基幹産業とも言える、漁業に従事する青年とのご結婚。

 

園長先生は大いに喜んで、祝辞を語っておられました。

 

「“漁師”という言葉。そのひと言に、わたしは昔から心から尊敬の想いを抱いております」と。

 

最後の1年間は年長さんをのクラス担任だったかおりさんの門出を祝うべく、一年生になったばかりの卒園生たちも、“南中ソーラン”の踊りで盛り上げてくれましたよ。

 

よかったですねぇ、これも。

 

かおり先生は、涙、涙でありました。

 

****************

 

宗谷漁業共同組合代表理事組合長さまのお言葉に、

 

「漁師は、日々、危険と向き合う仕事です。朝、送りだす時は、かおりさんの笑顔でお願いいたします」

 

花嫁のみならず、慶びの時をご一緒させて頂いていた皆さんが、深くうなずくお言葉でした。

 

そのほか、結びには、宗谷漁業協同組合毛がに篭部会部会長さまの挨拶があったりで、感銘深い宴の時でした。

 

****************

 

どうぞ、いつかお二人で教会に遊びにいらして下さい。嬉しいことも、壁にぶつかった時もお待ちしていますよー。

 

かおり先生が写っていた写真を何枚か見つけましたので、ご本人のご了解のもと、Blogにて紹介させて頂きます。いずれも本当に素敵なお姿で感謝です。

 

この度は、まことにおめでとうございます(^^♪)

 

 

新着ニュース

●最新情報は「教会ブログ」「写真館」がお勧め ^^♪ 「ブログ」の見出しはこの欄の一番下を参照。

 

☆日曜の礼拝

 教会がはじめての方、お引っ越しの方、旅の途中の方、一度だけという方、歓迎!

 

●【 速報 1】あかし U舘眞知子姉 『 ― 稚内へ ― 2泊3日の祝された旅 』(2/8 up)

  

 

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター