2014.5.18(日) 『 眞知子さん お帰りなさい・Welcome back our church ! そしてお元気で! 』

カナダからのお客様です。30年近く前、お子さん達も交えて信仰生活をご一緒していたI館眞子姉。
カナダ・トロントからのお客様のI館眞子さんです。30年近く前、お子さん達も交えて信仰生活を稚内教会でご一緒して居られました。穏やかににこやかに日曜日をご一緒して下さいました。右側に居られる男性は、眞子さんがおいでになるということで礼拝に駆けつけて下さったT川兄です。T川兄ともご一緒出来て幸いでした。

きょうは、30年近く前に、稚内教会で信仰生活をご一緒し、現在は、カナダでお暮らしのI舘眞知子姉を礼拝にお迎えいたしました。

 

わたし(牧師の森でございます)は、もちろん、「I'm glad to meet you. ・初めまして」でしが、何とも嬉しい日曜日の朝となりました。

 

ブログの写真は、礼拝の締めくくりの報告時に、眞知子さんより、ひと言のご挨拶を頂いている時のものです。写真には収まっておりませんが、眞知子さんはこの日の礼拝で、手話通訳者として1時間30分程のご奉仕下さっていました。

 

感謝、感謝でした。

 

****************

 

礼拝後のティータイムのひととき。

 

カナダでの教会生活について伺いました。

 

カナダ最大の都市トロントにあるプロテスタントの日系教会で、カナダ全国に約150教会あるカナダ・フリーメソジスト教団に所属する、ウエスレーチャペル日系教会・Wesley Chapel Japanese Church で信仰生活を送っておられる、とのこと。

 

独自の教会堂があるわけではなく、午後1時からの礼拝を、他の教会の礼拝堂をお借りする形で捧げているとのことでした。

 

ホームページを拝見すると、礼拝は日本人だけでなく、英語を話す方も参加できるようになっていて、赤ちゃんから高齢の方まで、幅広い年齢層の人が集う家庭的な集まりだそうです。

 

****************

 

二番目のお嬢さまのカナダでの暮らしの変化に伴い(ご結婚 ^^♪)、お導きによって、カナダに(確か10年近く前)行かれたそうです。

 

お話を伺っていると、へぇー、やっぱりそうなのかと思ったことが幾つかありました。

 

****************

 

それは、カナダの気候や風土は、北海道ととても良く似ているということでした。

 

そして、カナダも移民社会(例えば、London、という地名が普通に使われる)ですから、原住民の皆さんとの共生社会だということも、北海道と良く似たところがあります。

 

現在、「北海道」と呼ばれているのは元来は「アイヌ・モシリ(人間の大地)」であり、アイヌ民族が自然と共に生きてきた土地でした。

 

詳しくは、アイヌ民族情報センターのホームページをご覧頂くとよいと思います。

 

カナダのことについては、勉強不足でここに記すことが出来ませんが、現地にしっかりと根を下ろしてみないと分からない事が、きっと沢山あるのだろうと想像いたします。

 

眞知子さん、トロントでの人々との交流の中で、ロシアの方ですかと尋ねられることがよくあるとのこと。それもまた、カナダに移民の方たちが多いということと通じるかも知れないです。もちろん、教会のご婦人方も言われていましたが、いわゆる日本人離れした「bijin-san」だからと思います。

 

****************

 

「ウエスレーチャペル日系教会・Wesley Chapel Japanese Church」のweb siteでは、こういうご案内が目に留まりました。

 

【 聖書のこと、神様のことを知りたい人はもちろん、日本語・日本食恋しい人、歌うの喋るの好きな人・苦手な人、英語が話したい人、どんな人でも、ぜひ教会に来てみてください!】

 

そうなんですねぇ。御地でウエスレーチャペル日系教会果たしておられる、その使命の大切さについて考えさせられました。

 

お働きが祝されるように、とお祈りいたします。

 

****************

 

I舘眞知子姉との礼拝を通じてのお交わりのひととき。

 

神さまが備えてくださっためぐみと思い、心から感謝なことでした。

 

北海道内・恵庭にご家族が居られるとのことですが、そう簡単には稚内まで飛んでこられないことと思います。

 

トロントに戻られても、どうぞ、稚内教会のホームページを、時々でもお訪ね下さい。わたしたちも教会の日々の歩みを元気に発信し続けたいと思います。

 

****************

 

あっ、さいごに、カナダ関連で「good news」がありました。

 

日本キリスト教団はカナダ合同教会と宣教協約を結び、カナダから日本へ、日本からカナダへ相互に宣教師を派遣するなどの歩みを重ねて来ました。

 

実は、そのカナダ合同教会からのお客様6名と道内の関係者が、6月3日(火)のお昼を挟んで、稚内教会にお出でになります。

 

道北地区諸教会の宣教の様子を、道北クリスチャンセンターのウイットマー先生との深い関係もあり、ご覧下さるとのことで、最北の地にある稚内教会にもお出で下さるのです。

 

****************

 

ムツカシイことはよしにして、出会いこそ人生最大の楽しみと思いますので、ぜひ、このブログをご覧になっている方も、お気軽に遊びにいらして頂ければと思います。初めての方も大歓迎です。カナダに興味のある方、お出でになりませんか?

 

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

カナダからの皆さん、賛美を練習して来てくださるようなので、わたしたちも何かそろそろ考えなきゃいけないかな、と思います。うっかりしておりました。

 

****************

 

おわりに、あらためて眞知子さーん。本当に、ようこそ稚内教会の礼拝にお出で下さいました。出会いは人生の宝、あらためて思います。

 

それでは眞知子さん、御機嫌よろしゅうに(眞知子さんには、この言い方が何だかピッタリのような気がします)(^_^)/end

 

 

新着ニュース

●最新情報は「教会ブログ」「写真館」がお勧め ^^♪ 「ブログ」の見出しはこの欄の一番下を参照。

 

☆日曜の礼拝

 教会がはじめての方、お引っ越しの方、旅の途中の方、一度だけという方、歓迎!

 

●【 速報 1】あかし U舘眞知子姉 『 ― 稚内へ ― 2泊3日の祝された旅 』(2/8 up)

  

 

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター