2014.6.16(月) 『 文集 「あしあと 2号」出来ました 』

昨年度、あるいは、ここ最近のあゆみを振り返って、気軽に投稿することにしている『 文集 あしあと 2号 』が完成しました。
昨年度、あるいは、ここ最近のあゆみを振り返って、気軽に投稿することにしている『 文集 あしあと 2号 』が完成しました。

文集っていいものだなぁ。

 

そんなことを思うわたくし牧師のもりでございます。

 

稚内教会の文集は『あしあと』というタイトルです。

 

今年の表紙は、写真だと少し分かりづらいかも知れないですが、薄いピンク色です。お世話になっている文具店ではコスモス色というオーダー色でした。

 

****************

 

4月,5月と寄稿をお願いしていました。

 

それ以前に届いていた原稿もありますが、発行のギリギリ直前の投稿も含め、15名の方のつづられた素敵な思いがつづられています。

 

****************

 

以下、目次をご紹介。

 

花がいつか咲くでしょう
廃業
レントからイースターの季節に
無理のない信仰
神様のお導きによって
荷を軽くして
東京オリンピックで思うこと
私の楽しみ「花子とアン」
つぶやきノート
叔父に会いに
神の御使いとして
稚内教会の礼拝に参加して
毎日が感謝です
我 ステテコを愛す
母の日

 

****************

 

B5版の46㌻。

 

本当に小さな冊子に過ぎません。

 

でも、感謝な事だなぁと思うのですが、この一冊を読むと、映画を観ているかのように、さまざまな場面が思う浮かんでくるのです。

 

もちろん、居合わせてないこと、想像するしかないことも多々ありますが、それでも大満足。

 

月毎の新聞形式の「教会報」とは違う余韻があるのはなぜなのかなぁ、と思うのです。

 

皆さん、どうしてですかねぇ? この、程好い“薄さ”もイイなぁと自画自賛です(笑)

 

****************

 

ご旅行であれ、何であれ、稚内教会の礼拝にお出で下さった方には、もれなく(渡しそびれなければ)謹呈いたします。

 

お受け取り下さいませ。

 

それから、お出でになれない方々にも、少しずつになりますが、この我ら稚内教会のホームページの「あかし」のお部屋にて、お読みいただけるようにいたします。

 

編集長の性格でしょうか、小出しとなりますが。

 

既に、『あしあと 1号』の内容はお読みになれますので、お時間のある方は、ぜひ、お立ち寄り下さいませ。

 

それもまた味わい深いです。

 

****************

 

それから、わたくし、友人の牧師とは、文集交換をすることになっています。

 

昨年も交換したのですが、もしも、このBlogをお読みの方で、わたしたちの教会の文集もぜひ読んでみて、ということがありましたら、お送り頂ければ幸いです。

 

もちろん、稚内教会の文集も謹んで贈らせて頂きます。end

 

追伸:ご投稿下さった皆さま、少しお待ちください。1週間後に発送予定です(^^♪

 

 

 

 

新着ニュース

●最新情報は「教会ブログ」「写真館」がお勧め ^^♪ 「ブログ」の見出しはこの欄の一番下を参照。

 

☆日曜の礼拝

 教会がはじめての方、お引っ越しの方、旅の途中の方、一度だけという方、歓迎!

 

●【 速報 1】あかし U舘眞知子姉 『 ― 稚内へ ― 2泊3日の祝された旅 』(2/8 up)

  

 

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター