2014.6.19(木) 『 稚内空港の向こうにある森の中の教会 エマオ・ゴスペル教会を訪ねて 』

エマオ・ゴスペル教会の広大なお庭からの一枚です。
エマオ・ゴスペル教会の広大なお庭からの一枚です。

2014年6月17日(火)14時。

 

稚内空港から車で数分。恵北地区という所があります。稚内市立増幌小中が直ぐそばにある、ちいさな森の中に、ひとつの教会が生まれました。

 

東大阪市に本拠地のあるワールドミッション教団ベタニヤチャーチの枝教会の教会設立式・伝道師任命式が執り行われたのです。

 

エマオ・ゴスペル教会の誕生です。

 

開所式と伝道師任命式が行われ、わたくし(牧師のもりございます)教会員の浅利姉とご一緒して出席いたしました。

 

伝道師に任命されたのは、東海林直史先生と宜子(のりこ)先生。

 

直史先生は、かつて稚内教会の会員でした。その後、日本福音キリスト教会連合旭川めぐみ教会の稚内の集会所のリーダーとしてご奉仕されていました。

 

が、様々な経緯を経て、この度、宜子先生が大阪でお暮らしになっていた頃、信仰に導かれ教会生活を送っておられたベタニヤチャーチの枝教会としての活動を正式に始められました。

 

日本福音キリスト教会連合・旭川めぐみキリスト教会とは、まったく別の歩みを始められたそうです。

 

****************

 

エマオ・ゴスペル教会の設立式と任職式。

 

ワールドミッション教団代表の吉田茂樹牧師の司式のもと、あたたかに、そして、ゆたかな賛美に満ちた礼拝の中で進みました。

 

ゴスペルグループの「アル・マイム」の賛美。そして、大阪からお出でになった皆さんのなかで、フラダンスによる「ウィングス」のお二人の素敵なお二人の捧げものもありました。様子は、このページの下にまとめた写真をご覧ください。

 

吉田茂樹牧師の「聖霊の火を受けて前進しよう」の力強いメッセージ。聖霊によるバプテスマの大切さをワールドミッション教団らしく強調され、さいごに、「み言葉に立ち帰ることを忘れずにね」という、やさしさと力強いものに満ちた式辞でした。

 

伝道師任命式、任命証授与などもあり、わたくしも共に祈りを合わせ、その後、祝辞を語らせて頂きました。

 

****************

 

直史先生。森の中の教会の鍵をご自宅に忘れてしまって、吉田牧師ご一行を寒かったお外で待たせてしまうことになったそうですが、わたしは、「失敗の積み重ねの中で牧師と成っていくのだと確信しています(わたしの経験談です)」ということを枕にして、励ましと祝福の言葉を贈りました。

 

さいごは、人生は短く、教会は長く、キリストは永遠の言葉を引用しつつ、荒れ野の40年の始まりかも知れないけれど、40年先を見据えつつ、み言葉に信頼して歩むことをたいせつに、と語りました。

 

直史先生が洗礼を授けられ、ここまでおそらく大きな影響を与えられた、フリーメソジスト桜ヶ丘教会の野田秀(しげる)先生のご本(『教会生活のこころえ』』)からの言葉も、信仰の原点に立ち帰る意味で開きつつ、ご紹介した次第です。読み直して見るとやはり堅実な素晴らしいご本です。

 

****************

 

エマオ・ゴスペル教会では、前日の夜、吉田牧師の司式のもと、豊富町にお住まいの方の、教会としての初めての洗礼式が執り行われたそうです。

 

森の中にある教会として、これから、憩いと癒やしと救いが豊かに宣べ伝えられて行くことを期待します。

 

わたしたちとは違う賜物がエマオ・ゴスペル教会には与えられていることを心から喜び、宗谷の地における福音の種蒔きの働きを、助け合い、認め合いながら、新たな思いで始めたいと思いました。

 

おめでとうございます! これからも仲よくして下さい。end

 

****************

 

【追伸】
なお、東海林先生は・・・・・・・使徒パウロがある時期まで、【使徒18:3 パウロは・・・その家に住み込んで、一緒に仕事をした。天幕造りがその職業であった】(口語訳)とあるような暮らしをしていたことに通じるような気がするのですが、店舗・住宅の内装リフォームのお仕事をインテリア リフォームの専門店 クロスのしょうじとしてご家族と共に営んで居られる方です。

 

近郊の方で、何かがありましたら、相談されてみてはどうでしょう。

 

稚内教会の礼拝堂前方の床と壁の美しいリフォームをして下さったのが東海林直史先生です。わたしが着任してから、ロウソクをこぼしてシマッタ時には、アフターサービスですから、と笑顔でささっと、きれいにしてくれました。

 

なお、“天幕づくり”の関連では、わたしの神学校時代の先生が訳された『天幕づくりパウロ―その伝道の社会的考察』(R.F.ホック/笠原義久訳、日本キリスト教団出版局刊、1990年刊)がありますので、勉強するのでしたら参考になります。(^^♪)

 

*下の写真は、clickすると大きくなり、添えられたご案内の言葉も読めます。

 

新着ニュース

●最新情報は「教会ブログ」「写真館」がお勧め ^^♪ 「ブログ」の見出しはこの欄の一番下を参照。

 

☆日曜の礼拝

 教会がはじめての方、お引っ越しの方、旅の途中の方、一度だけという方、歓迎!

 

●【 速報 1】あかし U舘眞知子姉 『 ― 稚内へ ― 2泊3日の祝された旅 』(2/8 up)

  

 

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター