2014.9.28(日) 『 稚内教会63回目の誕生日 素敵な先生を迎えました 』

創立63周年記念礼拝にお迎えした藤吉求理子先生です。あなたの宝物は何ですか?わたしは・・・・と見せてくださったものがこれでした。
創立63周年記念礼拝にお迎えした藤吉求理子先生です。あなたの宝物は何ですか?わたしは・・・・と見せてくださったものがこれでした。

わたしたち稚内教会が生まれたのは記録の上では1951年(昭和26年)10月7日となっています。

 

このホームページの「歴史」のお部屋を訪ねて頂くと、その略史を、PDF版の資料でご覧になれます。

 

賀川豊彦先生(※PC版・広辞苑参照)が、戦後の日本各地を訪ねて伝道活動をなさったことはよく知られますが、その大集会が稚内でも開かれ、その感化を受けた、散らされたキリスト者たちが稚内教会の母体となったと伝わっています。


※キリスト教社会運動家。神戸の人。神戸貧民街の伝道をはじめ、関西の労働争議、日本農民組合・消費組合運動に挺身。第二次大戦後は伝道・生活協同組合運動・世界連邦運動に尽力。小説「死線を越えて」。(1888~1960)

 

その後、多くの方たちのお力添えと献身があって、2014年秋、つまり今年ですが、創立63周年記念のお祝いの礼拝を献げました。

 

****************

 

今年の記念礼拝にお迎えしたのは、藤吉求理子(くりこ)先生です。

 

もちろん、牧師ですが、道北は名寄の地に於いて、たいせつな働きを担い続けて歴史を積み重ねている、道北クリスチャンセンター主事を、神学校卒業以来、長年務めて居られる方です。

 

2013年~2014年、道北地区と長年助け合う関係をつくり、様々な協力関係をつくってきた、カナダ合同教会での研鑽・研究をなさってきた方です。

 

当日のメッセージの中でも1年間の学びは、楽しいことだけでなく、相当な苦労(日本語が使えない苦しさも含め)も経験された、とのこと。

 

しかしそれだけに、何かを感じ、考え、吸収し、御自身の言葉を発する力をしっかりと身につけて来られた、とお見受けいたしました。

 

****************

 

まだ、カナダに滞在されている時点で、この日にぜひ、稚内教会にお出で頂き、その経験から紡ぎ出されるメッセージを語って頂きたい、とわたくし(牧師のもりでございます)がお願いしていました。

 

そのこともとても喜んでくださり、この日の礼拝説教と、午後からは、カナダ各地の教会を訪問して学んで来られたことをスクリーンに映し出して下さりながらのお話し下さいました。

 

****************

 

写真は子どもメッセージの時に、「もしも火事になったら、皆さん、何を持ち出しますか?」という問い掛けをしたあとで、御自身のたいせつなものを、掲げて下さった時のものです。

 

写真ですねぇ。

 

ご家族かなぁ、と思って見ていましたが、家族は家族でも、ネコちゃんだったようです。

 

****************

 

明確かつわかりやすい言葉で、しかも、素敵な笑顔で語ってくださる藤吉求理子先生。礼拝堂がほわーんとあたたかくなるようでした。

 

そのお名前の意味について伺いたい、うかがいたいと思いながらいつも忘れてしまいますが、今度、しっかりと教えて頂きたいなぁと思います。

 

稚内教会のメンバーも、藤吉先生も、喜びに満ちた日曜日となりました。本当に嬉しいことです。

 

なお、ご一緒に来稚して下さった、道北センターの職員である、名寄教会会員のI久仁子姉の姿もあります。二人三脚で、最近は各地の教会を励まして下さる旅を続けて居られるとのこと。久仁子さんも、道北センターの頼もしい縁の下の力持ちです。

 

わたしたち、メッセージや講演を通して与えられた小さな気付きの福音を、ゆっくりと育てて行きたいと願っているところございます。

 

藤吉求理子先生! これからのますますのご活躍を期待しています。この度は本当にありがとうございました。HPをご覧の皆さん、Voiceブログか礼拝ビデオを通して、よろしかったら、メッセージに心傾けて見て下さいませ。end

 

****************

 

【追伸】
前日の土曜日の夜、稚内市内のロシア料理店でお食事をして、その後、話し込んでいたときに見せて頂いた珍しい写真を、写真館にUPしています。

 

確か、ペルーと仰ったと思いますが、何千年も前のカボチャの種の遺伝子から育てられた(農家の方がです)という、珍しいカボチャを、藤吉先生が抱えて居る写真をパチリと写しましたので、どうぞ、ご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

新着ニュース

●最新情報は「教会ブログ」「写真館」がお勧め ^^♪ 「ブログ」の見出しはこの欄の一番下を参照。

 

☆日曜の礼拝

 教会がはじめての方、お引っ越しの方、旅の途中の方、一度だけという方、歓迎!

 

●【 速報 1】あかし U舘眞知子姉 『 ― 稚内へ ― 2泊3日の祝された旅 』(2/8 up)

  

 

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター