2014.10.19(日) 『 「旭川星光伝道所」と「美馬牛福音伝道所」と交換講壇のご報告 』 (ミニ写真館あり)

美馬牛福音伝道所の横顔写真 空気が澄んでいて、空も山も美しく、素晴らしい一日でした!
美馬牛福音伝道所の横顔写真 空気が澄んでいて、空も山も美しく、素晴らしい一日でした!

稚内教会は北海教区の「道北地区」の一員です。

 

いま「道北地区」には、留萌宮園伝道所、旭川六条教会、旭川豊岡教会、旭川星光伝道所、美馬牛福音伝道所、和寒伝道所、士別教会、道北クリスチャンセンター、名寄教会、興部伝道所、稚内教会があります。

 

月に一度、交流ファイルと呼ばれている、道北地区内の教会・伝道所・センターの週報などを合本して、支え合い、祈り合う交わりを形作っている地区です。

 

わたくし(牧師のもりでございます)、このような『週報』を何年も前から合本にして交流を重ねること、日本の各地域にある教会で、出来そうでできない、とても意味深いことだなぁと思っています。

 

そして、その交流ファイルを、しっかり・じっくり読んでおられる信徒さんが存在することを、わたくし存じている次第です。これも素晴らしい。

 

時々耳にすることですが、牧師だけではなく、地区内の信徒さんのこともよく知り合っているのが道北地区なのです。

 

****************

 

さてさて、道北地区は今、旭川伝道圏と名寄伝道圏というグループを形成して、励まし合い、分かち合い、助け合っての歩みを重ねております。

 

稚内教会は、名寄伝道圏からのあたたかい応援と交流もありますが、その地理的なハンディもあって、いずれの伝道圏にも属していません。かつては、稚内伝道圏というものが存在しましたが、その呼び方も使わなくなってだいぶ時間が経過しています。

 

****************

 

そんな稚内教会が孤立してしまわないようにと、2013年度から、7月の道北地区デーの交換講壇とは別に、稚内教会だけ道北地区内で年に2度の交換講壇が行われるようになりました。

 

そういうわけで、10月19日は、稚内教会には旭川星光伝道所・美馬牛福音伝道所を兼務される清水真理牧師を迎え(写真はありません、ごめんなさい)、二つの伝道所に、森牧師が出掛けてまいりました。

 

稚内から旭川まで250㎞。さらに、旭川から美馬牛まで50㎞弱。美馬牛は富良野まで1時間弱の距離です。

 

****************

 

旭川星光伝道所・美馬牛福音伝道所ともに、地域に根差した教会形成がされていることが様々に感じられて心強く思いました。

 

旭川星光伝道所では、教会学校を分級なしでしっかり行っているのにも驚きと共に感心しました。道北地区の委員会で時々お目にかかって顔見知りである、〇〇泉姉が手作りの小型の舞台をつくって、創世記の族長物語を丁寧に物語る。

 

それに聴き入る男の子4名。心から拍手でした。

 

礼拝の賛美も、礼拝出席がこの日は10名程と少なめでしたが、とても力強く天井の高い会堂にいっぱいに響き渡っておりました。

 

礼拝後のお茶の時間も、手作りのデザート、礼拝の時に見たレンズ豆にみせた煮物などなど、あたたかく迎えて下さいました。

 

****************

 

お茶の時間を経て、12時30分過ぎに、旭川星光伝道所を出発し、一路美馬牛に237号線を通って向かいました。

 

この日、旭川近郊はとっても素晴らしい天気に恵まれていて、星光伝道所を出て間もなく、旭川をぐるっと囲む山々に冠雪が見事に見え、びっくり。

 

今まで何度も旭川に来ましたが、会議に出席するだけだったり夜だったこともあって、こんなに美しい景色があるとは知りませんでした。

 

美馬牛に近づくにつれて大雪山系の冠雪はさらに美しく迫ってきました。

 

****************

 

14時半からの礼拝だったのですが、14時からと思い込んでいたわたくし。一番にお出でになっていたWさんに、「2時になりましたが、今日はわたしたち二人ですね?」と聞いてしまいました。

 

Wさん、「もうすぐ、この方たちがお出でになりますよ」と、教会の日誌か記録簿をみせて下さった次第です。

 

礼拝前に30分の時間がありましたので、徒歩2分で出向けるJR美馬牛駅辺りの散策して礼拝開始を待ちました。

 

****************

 

美馬牛福音伝道所の礼拝。

 

富良野から毎週お出でになる40代のご夫妻。そして、教会でのお働きを隠退された他教派の牧師先生ご夫妻とインドネシアからのお知り合いのクリスチャンのお嬢さん。前述のWさんとわたしの7名で捧げました。

 

最前列の窓辺に座っていたわたくしの目には美馬牛らしいのどかな美しい景色が見えていました。

 

秋の恵まれた天候のこの日だからこうでしたが、真冬の吹雪の日もきっとあるに違いありません。

 

ちいさな教会が守り続ける信仰のともしびの逞しさと豊かさを深く感じました。

 

****************

 

下にも少し、10月19日(日)に撮影した写真をUPしておきます。どうぞ、お時間がある方は、写真をクリックして見て下さい。大きくなって、少し美しく迫って来て、ちいさな旅を経験出来るかも知れません。

 

礼拝後の夕暮れの時間も心に深く刻まれる美しさでした。ぜひ、皆さまも訪ねて見てください。

 

キリストの体である教会の交わりに深く感謝する日曜日のご報告。きょうはこれで失礼いたします。(^_^)ノ

 

 

新着ニュース

●最新情報は「教会ブログ」「写真館」がお勧め ^^♪ 「ブログ」の見出しはこの欄の一番下を参照。

 

☆日曜の礼拝

 教会がはじめての方、お引っ越しの方、旅の途中の方、一度だけという方、歓迎!

 

●【 速報 1】あかし U舘眞知子姉 『 ― 稚内へ ― 2泊3日の祝された旅 』(2/8 up)

  

 

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター