2014.10.26(日) 『 俊彦さん 本当にありがとう 』

左側が俊彦さん、右はこの日の奏楽を担当された里佳さんです。素敵な笑顔がこぼれて良かったです、はい。
左側が俊彦さん、右はこの日の奏楽を担当された里佳さんです。素敵な笑顔がこぼれて良かったです、はい。

今日の一枚は、この日の礼拝で「証し」をしてくださった〇〇俊彦さん。

 

そして、お隣のお嬢さんは奏楽をしてくださった里佳さんです。

 

三人の息子さんのパパである俊彦さん。お年頃のお嬢さんとの撮影に、少しばかり照れている様子も感じられてういういしいです。

 

ヒムプレーヤーを利用して賛美することもあるわたしたち稚内教会ですが、里佳さんが弾いてくださるデルマルコオルガンのおおらかで豊かな音色は、俊彦さんの証しをさらに豊かにしてくれたように思います。そしてまた、この里佳さんの笑顔が素敵です。

 

****************

 

さてさて、俊彦さんは関東地方のとある教会の熱心な会員さん。

 

コンピューター関連のお仕事の関係で、稚内の下宿屋さんに身を置きながら、8月下旬からの3ヶ月弱の間、教会生活をご一緒してくださった方です。

 

わたくし(牧師の森でございます)は、毎週水曜夜の、聖書の学びと祈り会も共に過ごして来ましたので、また、いっそう親しい思いを深めておりました。

 

み言葉の分かち合いも、とーっても楽しかったのであります。

 

****************

 

今年の冬、2月~4月にもお出でになってのですが、今回の滞在の締めくくりに、10月12日の信徒伝道週間の美子さんお証しに触れたことが切っ掛けで、この日、証しを担当してくださることになりました。

 

その様子は以下でお聴きになれます。お時間あれば、どうぞ、お聴きになって見てください。
http://saihoku-mikotoba.seesaa.net/】(2014年10月26日のページです)

 

****************

 

俊彦さんが初めて稚内教会の礼拝にお出でになった時、受付で差し出された新来者カード(WELCOME カード)にこう記されていました。

 

「わたしに出来ることがあれば、何でもお申しつけください」

 

確かそう書かれていたと思います。少しオーバーですが、前代未聞の言葉に心底感動。

 

この日の礼拝の中での証しでも、その一端を語ってくださいました。

 

〇クリスチャンになってから、日曜日に何をしようかと悩むことがなくなりました。
〇今日は何をして過ごせばいいのだろうという日がなくなりました。

 

この秋は、稚内教会が取り組む利尻昆布バザーの働きを強くサポートしてくださり、出荷が重なった時にどれほど助けられたことか。

 

重ね重ね、ありがとうございました!

 

****************

 

お別れするのは寂しいけれど、ご家族や教会の皆さんが待って居られますね。

 

ちいさなメールのやり取りをすると、最後に、「在主 He is The Life!」と添えられる俊彦さん。

 

再会の日が必ずあることを信じて、これからも離れていても、ご一緒いたしましょう。

 

札幌に在住のご両親がイエスさまを救い主と信じる日が来ることも祈り続けましょうね。どうぞお元気で、キリストの僕としての道をお進みください。end

 

 

新着ニュース

●最新情報は「教会ブログ」「写真館」がお勧め ^^♪ 「ブログ」の見出しはこの欄の一番下を参照。

 

☆日曜の礼拝

 教会がはじめての方、お引っ越しの方、旅の途中の方、一度だけという方、歓迎!

 

●【 速報 1】あかし U舘眞知子姉 『 ― 稚内へ ― 2泊3日の祝された旅 』(2/8 up)

  

 

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター