2015年1月25日(日) 『 真冬の稚内ですが……快晴の日曜日の夕暮れ《利尻富士》が見事に見えました 』

利尻富士も、雲も、太陽も、海も、浜辺の民家も、ぜーんぶうつくしいです。幸せな夕暮れ時を過ごしました。このあと、漁師さんのお宅におじゃましました。除雪がこんなに少なくていいのは、めずらしいと仰っていました。
利尻富士も、雲も、太陽も、海も、浜辺の民家も、ぜーんぶうつくしいです。幸せな夕暮れ時を過ごしました。このあと、漁師さんのお宅におじゃましました。除雪がこんなに少なくていいのは、めずらしいと仰っていました。

 

こんにちは。稚内教会、牧師のもりでございます。

 

ここ数日、北海道の厳しい雪、吹雪、暴風雪は、札幌や道東方面に集中。

 

日曜日の今日。朝6時過ぎに外に出ると見事に晴れ渡っていました。

 

*******

 

夕方、利尻昆布バザーでお世話になっている方のところへ出掛ける時に、ふと思いました。

 

「そうだ、もしかすると、利尻富士が見えるかも知れないぞ」。

 

そう思いたってカメラを車に放り込みました。

 

例年、春先まで、利尻富士を見ることはほとんど出来ないのですが。

 

でも、この日のみならず、ここ数週間で、わたしが出向くことが出来なかった日も含めて、おそらく、何度か真冬なのに、ほんとうに珍しく利尻富士の姿が見えたのではないかと思います。

 

*******

 

ジャーン。

 

やっぱり見えました。日本海に浮かぶ冬の利尻富士。

 

夕方4時半頃だったと思います。この季節だからの太陽と利尻富士のcollaboration(コラボレーション)と言うのかしら。

 

きれいでした。ひかりの加減で冠雪は確認しにくいですが。

 

春から秋まで、日本海に沈む太陽と利尻富士や礼文島を楽しむことが出来る【夕日が丘パーキングエリア】は、ただ今雪で閉鎖中。

 

この写真は、坂の下という地域に下って行くバス路線でもあるながーい坂道の途中で撮影したもの。

 

肉眼で見た以上に、写真の方がきれいに見えます。老眼かな。

 

*******

 

稚内在住の方でも、この景色を見ることが出来た方はおそらく数十名位、かなと思います。

 

稚内教会のBlogを訪ねて下さった皆さま。

 

どうぞ、ゆっくりとごらん下さいませ。大自然の力と美しさはほんとうに素晴らしいです。


『創世記』の御言葉を思い起こします。


【 神は光を見て、良しとされた。神は光と闇を分け、 1:5 光を昼と呼び、闇を夜と呼ばれた。夕べがあり、朝があった。第一の日である。 1:6 神は言われた。「水の中に大空あれ。水と水を分けよ。」 1:7 神は大空を造り、大空の下と大空の上に水を分けさせられた。そのようになった。・・・・1:31 神はお造りになったすべてのものを御覧になった。見よ、それは極めて良かった。


つかの間の冬の晴れ間の日曜日に感謝!

 

 

新着ニュース

●最新情報は「教会ブログ」「写真館」がお勧め ^^♪ 「ブログ」の見出しはこの欄の一番下を参照。

 

☆日曜の礼拝

 教会がはじめての方、お引っ越しの方、旅の途中の方、一度だけという方、歓迎!

 

●【 速報 1】あかし U舘眞知子姉 『 ― 稚内へ ― 2泊3日の祝された旅 』(2/8 up)

  

 

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター