2015年2月7日(土) 『 小さくても おおきくて重い きらきら保育園の発表会 』

2015/02/07(土)きらきら保育園の「ちいさな発表会」のひとこま。見事に飛んでます!姿勢も素晴らしいですね。選びきれない写真の中から一枚、厳選してみました。衣装もすごいでしょ!すべて、先生方の年毎の手作りです。
2015/02/07(土)きらきら保育園の「ちいさな発表会」のひとこま。見事に飛んでます!姿勢も素晴らしいですね。選びきれない写真の中から一枚、厳選してみました。衣装もすごいでしょ!すべて、先生方の年毎の手作りです。


この時期恒例、ひかり幼稚園の中にある、きらきら保育園で、『ちいさな発表会』が行われました。


わたくし(牧師のもりでございます)、心晴れやかに、弾む気分で出掛けてまいりました。


お隣の席でご覧になっていたご婦人。


別れ際に言葉を交わしたとき、「地域の他の予定がありましたが、こちらに先に参りました。うちには、こんな小さな子が今は居りませんから・・・」と声掛けしてくれました。


よかったですねぇ。


*******


そうです。


保護者や親戚の方たちだけでなく、地域の方たちがたくさんお出でになって、0歳児~2歳児までの子どもたちの熱演に大きな拍手を送る。


ほんとうに楽しく豊かなひとときでした。心和みます。そして、この一時間半ほどの時間。しかめっ面しているのは無理です。必ず笑顔がこぼれます。


それだけではないですねぇ。感動があります。


チョッピリ涙もの場合もあります。


*******


園長先生の、静子先生(稚内教会の会員さんです)のご挨拶にわたくし感動しました。


「総練習ではだいじょうぶだった方たちも、今日は、動けなかったり、泣き出したり・・・・」。


「方たちも」ということば。


素晴らしいなぁと思います。


ちいさな命を育むそのお働きの中で、命の重さは、大人もこどもも、みーんな同じ。


保育の場でいつもそういう心でちいさな命に向き合っているのだなぁと教えられました。


感謝です。


*******


神学校で学んでいた頃のことを思い出します。


説教学や聖書解釈ゼミを担当してくださった講師のS先生の姿勢を思い出したのです。


当時既に60歳を越えて居られたと思いますが、その分野では知る人ぞ知るS先生。


寺子屋のような小さな教室に入ってきて、荷物を置いて、決まって、深々と頭を下げながら、「みなさん、こんばんは」と。


同じクラスの同級生の中には、間もなく60歳という方も居りました。しかし、大半は30代の血気盛んな若者というのか、生意気盛りの神学生5名ほど。


そんなわたしたちに、ほんと、いつも変わらず、わたしと皆さんは同じ地平に立つ共に学ぶ仲間なんですよ、という姿勢を貫いて居られました。


勉強は厳しくも楽しかったのですが、そのような姿勢にどれ程教えられたことでしょう。


*******


話が横道にそれました。


ちいさな発表会。ほんとうに豊かです。


もしも、来年のこの時期の土曜日にお時間のある方は、是非に、とお奨めいたします。ご覧頂けると思います。



先生方も、おつかれさまでした。衣装も指導も準備も素晴らしかった!


こどもたちー、これからも、あなたらしく成長していってねぇー!


わたしたちも、お祈りしていますよー。end


新着ニュース

●最新情報は「教会ブログ」「写真館」がお勧め ^^♪ 「ブログ」の見出しはこの欄の一番下を参照。

 

☆日曜の礼拝

 教会がはじめての方、お引っ越しの方、旅の途中の方、一度だけという方、歓迎!

 

●【 速報 1】あかし U舘眞知子姉 『 ― 稚内へ ― 2泊3日の祝された旅 』(2/8 up)

  

 

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター